ニキビをつぶすのはNG?

ニキビをつぶすのは駄目!とよくいわれます。

 

ですが、ニキビができるとどうしても触ってしまいますし、
つぶしたくなります。
思春期の頃にできたニキビをつぶしていたので、
痕が残って消えないままになってしまっているという人も
多いのではないでしょうか。

 

・ニキビは早く潰したほうが良い?

 

ニキビはつぶさずに放っておくと、
どんどん赤みを帯びて大きく腫れあがって来ます。
その後、そのニキビは自然につぶれますが、
ニキビは早めにつぶしたほうが早く治る・・・という気がします。

 

そこで、気になるニキビを早く治したいので、
つぶすという人も多いと思いますが、
ニキビをつぶすときには注意が必要です。

 

ニキビは、毛穴の中にたまっている皮脂が原因で、
アクネ菌が炎症を起こした状態です。

 

ですから、たまっているものを早く取り除いてあげることで、
早く治ります。

 

その取り除く行為が「つぶす」という行為なのですが、
やり方を間違えるとニキビが悪化し、痕として残ったりします。

 

・角栓除去

 

にきび治療を行っている施設では、
「角栓除去」という治療があります。

 

角栓除去とは、白にきびや黒にきびといわれる
初期のニキビの皮脂を取り除くことです。

 

できれば、芯ができているニキビだけでなく、
赤ニキビや黄ニキビも皮脂や膿を取るのが理想ですが、
赤くなっているニキビや膿んでいるニキビは
痛みを伴ったり、芯が出ていないものもあるので、
取れないこともあります。

 

しかし、なるべく早く皮脂や膿みをとってあげると、
大惨事にならずに済みます。

 

ですから、医療機関などでは、取れそうなものはとってくれます。

 

自分で行う人もいると思います。

 

ですが、手に付いたばい菌などが毛穴に入り、
炎症をさらに悪化させてしまうことがあるため、
爪でつぶすというような恐ろしい行為はやめるようにしましょう。

 

・自分でニキビをつぶす場合

 

自分でニキビをつぶす場合は、ドラッグストアなどで
医療用テープ、クリップ、ニキビの薬、消毒薬、綿棒を用意し、
清潔に行うことが必要です。

 

また、白ニキビや黒ニキビ、芯がはっきりしている赤にきび、黄ニキビは
角栓除去を行っても大丈夫ですが、
赤いにきびは、芯を取ろうとしても何も出てきませんから、
触らないようにしましょう。