コラーゲンを食べるとコラーゲンになる?

コラーゲンを食べると、そのままコラーゲンになるのでしょうか?

 

よく「コラーゲン入り梅酒」とか、「コラーゲン納豆」、
「コラーゲン入りドリンク」などという商品をみかけます。
このような「コラーゲン○○」を飲んだり食べたりすると、
そのコラーゲンは、そのまま美肌に役立つコラーゲンとして
体に蓄えられるのでしょうか。

 

コラーゲン入りのドリンク等は、
飲むとお肌がプルプルになると期待してしまいますよね。

 

ですが、残念ながらあまり効果はありません。

 

コラーゲンは、肉や魚、豆類等に多く含まれているタンパク質のことで、
私たちヒトの体内に入ると代謝され、アミノ酸になります。
そして、アミノ酸は、再びコラーゲンに合成されますが、
これが直接皮膚になるとは限りません。

 

コラーゲンに合成されたアミノ酸がどのように使われるからは、
ホルモンが決定します。
殆どは、骨として再合成されることが多く、
ビタミンCのサポートがなければ、十分な再合成はできません。

 

このようなことから、コラーゲン入りのドリンクを飲んだり、
コラーゲン入りの食べ物を食べたとしても、
それらがコラーゲンとして肌に使われ、
お肌がプルプルになる可能性は少ないといえます。

 

それよりも、早く寝たり、規則正しい食生活をするほうが
細胞の分裂を促す成長ホルモンを味方につけることができます。

 

また、飲んだり食べたりするコラーゲンだけでなく、
コラーゲン入り乳液、
コラーゲン100%化粧水などのスキンケア商品などもありますが、
それらをつけたところで、コラーゲン成分として肌に蓄えられるか?
というと、そうではありません。

 

ですが、コラーゲン入り乳液やコラーゲン100%化粧水などは、
コラーゲンの脂溶性が影響するため、
保湿力にはとても優れています。

 

ですから、コラーゲン入りのスキンケアは、
美肌つくりに役立つことは間違いがありません。