プラセンタできれいになれる?

プラセンタとは、ヒト、馬、豚などの
動物の胎盤から抽出される液体を使った輸血剤の一種です。

 

プラセンタは、特定生物由来製剤として指定され、
昔から肝臓が悪い人、更年期障害の人などの治療に用いられてきましたが、
そのような病気の人たちの間で
「治療を続けている間に肌がキレイになった、
肌にハリがでた。」
と言う声が次々と上がるようになり、
美容業界でも注目されるようになっています。

 

そして、美容クリニックなどでは、
プラセンタを直接注射する治療法や、
スキンヒールセラピーやフラクショナルレーザーなどで
皮膚にプラセンタを塗りこむ治療法等が行われています。

 

これらのプラセンタによる治療では、
皮膚の代謝を良くしたり、老化角質の融解、
保湿作用、弾力回復、抗炎症作用、美白作用などが期待できます。

 

プラセンタは、コラーゲンの元になるアミノ酸がたっぷり含まれています。
そして、ミネラルやビタミン類などもバランスよく配合されているので、
私たちの皮膚に良い影響を与えてくれるのですね。

 

また、動物由来のプラセンタだけでなく、
最近は植物性由来のプラセンタも登場しています。

 

動物性由来のプラセンタは、半世紀近くにわたり
保険適用で治療に使われていた安全性の高いお薬ですが、
注射で治療を受けた場合は献血することができません。

 

ただし、プラセンタ入りの化粧水などを使っている場合、
つまり、外用を塗布した場合は献血できます。

 

プラセンタを使っている人は、
注意事項についても十分確認してくださいね。