ニキビができる原因

ニキビは、いろいろな原因が複雑に絡み合って起きる
皮膚の病気です。

 

ニキビが酷くなって皮膚科などを受診すると、
「ホルモンのバランスが乱れているのでしょう。」、
「疲労がたまっていませんか?ゆっくり休んでくださいね。」
などといわれてます。

 

ですが、「あなたのニキビは、こういったことが原因です!。」
と、はっきりは言いません。
なぜなら、ニキビができる原因は、
誰にも判断できないからです。

 

最初に書いたように、にきびは、
いろいろな原因が複雑に絡み合って起きるモノだからです。

甘いもの、油脂分の食べすぎ

甘いものや油脂分の多いものを食べるとニキビができることがあります。

 

たとえば、チョコレートやスナック菓子、揚げ物などをたくさん食べた次の日は、
ニキビができたりします。

 

では、なぜ、甘いものや油脂分を食べ過ぎるとニキビができるのでしょうか?

 

甘いものの中には、「糖分」がたっぷり含まれています。

 

糖分は、体の中に入ると、
皮脂の分泌を盛んにする「遊離脂肪酸」という物質に分解されます。

 

脂っこいものには、「動物性脂肪」が含まれています。

 

動物性脂肪は、皮脂の材料になる「トリグリセリド」
という物質に分解されます。

 

そして、遊離脂肪酸もトリグリセリドも、
皮脂がたくさん分泌される状態に、
直接一役かってしまうのです。

 

疲れたり、ストレスを多く感じたりすると、
高カロリーで甘いものが欲しくなります。

 

甘いものがすきなのは女性だけでなく、
最近は男性にも甘いものを好む人が増え、
仕事や勉強で疲れると、そういった甘いものが食べたくなります。

 

しかし、甘いものや脂っこいものを食べたときと、
野菜中心の食事をしたときとでは、
次の皮脂の出方が違うという実験結果もあるほどです。

 

甘いものや、脂っこいものは、確実にニキビができる原因になるのです。

 

皮脂腺の大きさは人それぞれですし、
皮脂が出やすい、出にくいというのには個人差があるため、
「これくらいの量にすれば、にきびはできませんよ!」
などと、いい切ることができません。

 

チョコレートを何個食べても、
脂っこいものを食べてもニキビができない人は多いのです。

 

ですから、自分で、何をどのくらい食べると
ニキビができやすくなるのかをしり、
自分自身で対策したり食べるのを控えるなどの工夫が必要です。

 

そもそも、皮脂はニキビの直接的な原因になるのではなく、
あくまでもリスクファクターです。

 

毛穴が閉じなければ皮脂は多くても問題はありません。

 

ニキビができやすくなる生理前や睡眠不足には気をつける必要があります。
生理前や睡眠不足になると、
ホルモンのバランスが崩れやすくなりますから、
こういったときは、食事にも気をつけ、糖分や油脂分を
控えめにすると良いでしょう。

 

食べるもの・・・というのは、バランスが必要です。
肉も魚も、糖分も、炭水化物も、
全て私たちの体に必要な栄養素です。

 

過激なダイエットもよくありませんし、食べすぎるのもよくありません。

 

バランスよくいろいろな食材、特に旬の野菜を中心とした
食生活を目指しましょう。