ニキビができる原因〜便秘〜

多くの女性が抱えている悩みの一つ「便秘」。

 

便秘はとても厄介で、便秘になると、
「肩こり」、「頭痛」、「のぼせ」、「イライラ感」、「肌荒れ」
など、さまざまな症状が起こり、ニキビもできやすくなります。

 

日本内科学会では、
「3日以上排便がない状態、または毎日排便があっても
残便感が残る状態を便秘という。」としています。

 

男性に比べて、女性に多い便秘。

 

それではなぜ、女性は便秘になりやすいのでしょうか。

便秘の種類

器質的便秘・・・腸の病気からくる便秘

 

機能的便秘・・・特に病気ではないのに便秘

 

便秘の種類には、大きく分けると、このように2種類あります。
多くの女性が悩む便秘は、このうち「機能的便秘」というものです。

 

では、なぜ、女性は機能的便秘になるのでしょうか。

 

それは以下のような理由が挙げられます。

 

・男性に比べ、女性は排便するのに必要な筋肉量が少ない。

 

・男性に比べ、トイレを我慢する女性が多い。

 

・トイレを我慢することにより排便リズムが狂い、
 排便反射が鈍くなる。

 

・排便反射が鈍くなることによって、
 便がたまっても便意が感じにくくなる。

 

・ダイエットのために食事量が減り、腸の働きが悪くなる。

 

・生理前に黄体ホルモン(女性ホルモンの一つ)の分泌が盛んになり、
 腸内の水分再吸収が促され便が硬くなる。

 

・骨盤が広いため腸が垂れ下がりやすくなり、
 便の通り道が不安定になる。

 

・下剤を飲んで排便を無理やり促すことにより、
 腸のぜん動運動を促すことに体が慣れてしまい、
 薬に頼らないと便が出にくくなってしまう。

 

女性が便秘になる原因には、このような原因が挙げられます。

 

では、便秘になると、なぜ肌荒れが起こるのでしょうか。

 

便秘になると、おなかの中の血管が便に圧迫され、
血流が悪くなります。

 

すると、肩こりやのぼせ、頭痛などの症状が起こり、
それが原因となってストレスを感じます。
そのストレスはホルモンに悪さをします。
よって、肌荒れが起こります。

 

また、便秘になると、たまった老廃物から、
活性酸素と言う有毒な物質が出るため、
その有毒な物質が体内にめぐり、肌荒れが起こるとも言われています。

 

このように、便秘は、お肌の大敵です。
勿論、健康上も、便秘の状態を継続することはよくありません。
そこで、便秘を改善することが必要です。

便秘の解消法

・水分をしっかりとる(一日2リットル。飲み物として水を常温で一日1リットル)

 

・食物繊維を含む野菜をしっかりとる。

 

・適度な運動をし、腸のぜん動運動を促す。

 

・排便に必要な腹筋を鍛える。

 

・トイレを我慢しない。

 

普段の生活から、このような便秘の解消法を行っていくことが大切ですが、
生理前の一週間は特に便秘にならないように気をつけるようにしましょう。

 

とはいっても、慢性的な便秘の人が、
今までの生活習慣をガラリと変えるのは難しそうです。

 

疲れているのに、運動をしろといわれても・・・
などと思ってしまう人も少なくないのではないでしょうか。

 

トイレを我慢しないようにしようといわれても、
時間に追われる仕事をしながら、仕事の途中でトイレに・・・
などというのも難しいです。

 

そんなときは、下剤やサプリメントを上手に取り入れ、
排便習慣を整えてみるというのも一つの方法です。

 

ですが、その前に、
マグネシウムが多く含まれるミネラルウォーターを飲んでみてください。

 

マグネシウムは緩下剤の中にも含まれている成分で、
便を柔らかくしてくれます。

 

病院でも下剤として処方されていますよ。

 

ただ、マグネシウムが多く入っている水は、
硬水なので、独特な味がします。

 

硬水には、マグネシウムだけではなく、
いろいろなミネラル成分が入っているので
美肌の味方になってくれます。

 

味がどうしても無理!でなければ、飲んでみてくださいね。

 

さて、下剤を使う場合ですが、
下剤にもいろいろな種類があります。

 

ドラッグストア等に行くと、
腸のぜん動運動を強制的に促すものや、
便の水分を維持する緩下剤、
緩やかに効果が現れるものなどさまざまな便秘のお薬があります。

 

このようなさまざまな便秘のお薬でも、
習慣性になりやすいものは避けたいですね。
たとえば、腸のぜん動運動をう強制的に促すタイプの下剤は、
避けたいものです。
おなかが痛くなったり、急激な下痢を引き起こします。

 

ですが、漢方薬や、緩下剤であれば、
大腸で水分が吸収されるのをふせぐので、
突然腹痛が起こったり、渋り感が出ることは少ないです。

 

下剤に頼るのは避けたいけれど、
便秘の状態が続いているという場合は、
下剤を上手に使ってみるのも良いと思います。

 

かかりつけの病院で相談してもらい、
医師にお薬を処方してもらうのも一つの方法です。