男性ホルモン

ストレスが強くなると、
アドレナリンとノルアドレナリンというホルモンが大量に分泌され、
するとステロイドホルモンがアドレナリンとノルアドレナリンの働きを助けようと分泌されます。

 

しかし、このステロイドホルモンも適量を超えて分泌されると、
体にさまざまな不調が起こってきます。

 

すると、今度は、男性ホルモンがサポートにかかります。

 

男性ホルモンは、体を男性化するホルモンで、
筋肉を作ったり、毛を多く、太くしたり、
強靭な肉体を作り上げるというものです。

 

ですが、男性ホルモンが活躍すると、
皮膚が硬くなり、
皮脂腺が活発になり、皮脂の分泌量が増え、
皮膚のバリア機能が高くなります。

 

ここで、ニキビができるメカニズムを思い出して欲しいのですが、
ニキビは毛穴の中で皮脂が沢山分泌されることにより、
毛穴がつまりできてしまいます。

 

つまり、男性ホルモンによって、ニキビができやすい肌が
作られてしまうことになります。

 

勿論、男性ホルモンはとても重要な働きをするホルモンなので、
必要なものなのですが、
バランスを乱してしまうと肌に悪影響です。

 

男性ホルモンが多くなっても、このようにニキビができたり、
毛が太く硬くなったりしますが、
少なくても、体や気分に変化が起こります。

 

大切なのはバランスです。

 

思春期にニキビができやすくなるのは、
男性ホルモンの分泌量が増えることによるものです。

 

とはいっても、皮脂が多いというだけでは、
ニキビにはなりません。

 

問題なのは、毛穴が閉じやすいか、閉じにくいかです。

 

毛穴が詰まれば、ニキビが発症します。

女性ホルモン

また、女性ホルモンもニキビに大きく関係があります。

 

ですから、ホルモンのバランスが乱れやすい生理前は、
ニキビができやすくなります。

 

女性ホルモンには、「エストロゲン(卵胞ホルモン)」と、
「プロゲステロン(黄体ホルモン)」があります。

 

美肌ホルモン投与ばれているエストロゲンが分泌されている間は、
肌も心も安定します。

 

しかし、排卵日をすぎて、プロゲステロンが増えてくると、
ニキビができやすくなり、肌も心も不安定になるのです。

 

そして、プロゲステロンは、男性ホルモンをよく似た働きをします。

 

そのため、便秘にもなりやすくなり、
ストレスもたまりやすくなり、にきびができる悪循環になります。

 

排卵日をすぎて、次の生理までの2週間は、
お肌のお手入れも念入りに行うことが必要で、
さらに生理予定日の一週間前から生理までは、
より繊細なスキンケアが必要になってきます。